見出し画像

会社のセキュリティを守るのは厳しさではない。もっと身近に、楽しく。セキュリティマネジメント室(インタビューレポート)

ビーウィズ株式会社

今回は、コーポレート部門のひとつ「セキュリティマネジメント室」に、広報室がインタビューを実施しましたので、ご紹介します。
※広報室×note編集部の記事です。


ギャップ萌えなセキュリティマネジメント室

皆さんは「セキュリティマネジメント室(以下、SM室)」と聞いて、どんなイメージを持ちますか。

私は、部署名からして圧倒的に専門性が高い感じがしますし、所属している皆さんは真面目一色なのだろうな。
「最近新しい方が増えて会議でお会いしたけど、めちゃくちゃキッチリしていそうな方だったな・・・」
「専門用語だらけのインタビューになったらどうしよう・・・」 
とだいぶソワソワしていましたが、ものすごく良い意味で期待を裏切られ、ソワソワをくつがえされました。

私と同じように「ちょっと敷居が高そう・・・」と思われている方々に、SM室の新たな一面が、存分に伝わりますように・・・、そんな気持ちを持って、紹介していきたいと思います。


どんな相談も、受け止ます!Welcome!問い合わせ!!

SM室の主な役割には、セキュリティの推進や教育、ISMS認証取得や維持などがパッと思い浮かびますが、他にはどんなことをしているのでしょうか、、、。

あまり知られていないことを教えてほしいと聞いてみたところ、『明確に「お金」「契約書類」「IT」とは言われない、雑多な相談事も受けている。』と、意外な答えが返ってきました。

日々の業務の中で、「んんん。これってどこに聞けばいいのかな?!」って悩まれることがあると思うのですが、そんな時はまず「SM室に聞いてみよう!」と思ってほしいと室長のKさん。

皆さんが迷った時、「それは法務にも聞いたほうがいいよ」とか、「人事に調整入れてね」とか、「今の主管はHR部だよ」とか、出来る限りのフォローが出来る体制を持っているそうで、気軽にSM室に相談してほしいとのことです。

Kさんは常々、SM室に持たれがちな固いイメージを払拭したい、相談の敷居を下げたい、お高くとまった部署はいらないと考えていて、専門的なことだけではなく、何がわからないのかすらわからない・・・という状態でも、まずは相談してみてほしいと、常にウェルカム状態でSM室の扉を開けてくださっています。

とってもかしこまってSM室にお問い合わせされる方が多いそうですが、皆さんもっとフランクで大丈夫そうです。

SM室って、セキュリティを守りつつ、ビル内のいろんなことに対応してくれる守衛さんみたいです。


セキュリティをもっと身近に

セキュリティって面倒くさいと思いがちではないでしょうか?

しかしながら業務を運営する以上、きちんと取り組まないといけません。
そんなギャップを埋めるべく、「セキュリティは決して難しくない。わかるとちょっとおもしろい。」と皆さんに思ってもらえるような情報を定期発信していく準備が、今まさにSM室で進んでいます。

セキュリティは事故予防や事故発生時の被害を最小限にするためのものですが、自分の身に何か起きてからでないと本気で取り組んでもらえない。
でも「やらかした・・・」という時点では時すでに遅し。
そうならないように普段から頭の片隅にセキュリティのことを置いておいてもらうために、定期的におもしろい情報発信をしてくれるようです。

例えば、パスワードを忘れた時のために設定する「秘密の質問」。
そもそも設定したキーワードを忘れてしまったことはありませんか?
こんな時に役立つスキルや詐欺サイトの仕組み、アカウント乗っ取りの裏側など、興味深いです。

社内では「みんなのセキュリティ通信」が、定期的に配信されています。
お話しを聞いているだけでとても興味深い内容が多かったので、「みんなのセキュリティ通信」も、ビーウィズ公式noteの読者のみなさんにもお届けできそうであれば、していきます。

一緒に働く仲間を募集しています!

SM室では、一緒に働く仲間を募集しています。
興味をお持ちいただけた方、以下よりご応募お待ちしております!


ビーウィズ公式note編集部

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!